文字の大きさ A | A | A

キッチン >> POCHIKA

POCHIKA ソースパン
写真を拡大する
POCHIKA ソースパン 税込¥3,564
W29.2×D15.6×H13cm  
こちらの商品は、以下のオンラインストアでもお買い求めいただけます。オンラインストアの在庫状況、お買い物方法については各サイトにてご確認ください。(外部サイトへリンクしています)
楽天 ショッピングサイト

POCHIKA(ポーチカ)

ロシア語で『つぼみ』という意味の、やわらかなフォルムと木の素材感が特徴のシリーズ。小さめで使い勝手が良く、そこにあるだけで温かい気持ちにさせてくれるポッテリとした愛らしい形が魅力です。毎日使っても飽きないデザインは新生活やご結婚のギフトにも。

直火・IH100V/200V可

日本製
ホーロー素材


※写真をクリックすると詳細をご覧いただけます。  
POCHIKA ソースパン POCHIKA キャセロール POCHIKA ケトル          


■野田琺瑯の工場見学レポート 2010.05.17

シンプルでありながら凛とした存在感のある〈道具〉としての美しさ、
実際に使う人の暮らしにそって考えられた機能性。
そんな野田琺瑯のものづくりに感銘を受け、
キャトル・セゾンで取り扱いを始めてから5年半がたちました。

今回、あらためてこの野田琺瑯製品の良さをお伝えすべく、
キャトル・セゾンスタッフが工場へおじゃまして、その生産風景を見せていただきました。

まずは素地を作る工場へ。ここではホーローがけする前の、金属を成型しています。板状の鉄板を型抜きし、
少しづつ絞りをかけて形にしていくのですが、その作業をする前の微妙な調整を丁寧に、
何度も確認しながら行っていたのがとても印象的でした。


成型した後は取っ手やフタのつまみ部分などの細かなパーツを
これもまた人の手で一つ一つ丁寧に溶接していきます。
だいたい常に4人くらいの職人さんの手で、さまざまな種類の素地を作られているそうです。

素地が出来上がったら、今度はいよいよホーローがけの工場へ。
少し離れた山の中の別工場へ向かいます。
ここでは釉薬がけする前の下処理や検品、出荷まで行っています。




生産の現場を見せていただいて改めて感じたのは、
本当に一つ一つの工程を人の手で、大事に作られているということ。
野田琺瑯の製品にふれて、使ったときに感じる
なんともいえないあたたかみはここから来るのだと思います。
そして、この技術を次の世代にしっかりと受け継ぐためにも
熟練した職人さんと共に若い職人さんもお仕事されているのを見て
これからも長く愛用できる琺瑯製品を作り続けてほしいと思いました。



quatre saisons : Tanaka、Suda、Ishihara

この商品について >>
戻る >>